一生太りたくないヤセ体質を作る 自律神経のバランス

ダイエット
Pocket

一生痩せ体質にするためには自立神経が大きく関わってきます
太りやすい生活から痩せやすい生活に変えると メリハリをご紹介します
(からだにいいことより)

意外に難しいことではありません

又、つまんでお腹を凹ます方法やリンパ呼吸法、食事の摂り方などもご紹介します

 

 

スポンサードリンク



自律神経は体重を左右する司令塔

自律神経は内臓や血管に指示を出し体重のコントロールを行う司令塔でもあります

自律神経は脊髄を通って血管や内臓に伸びている神経のことをいいます

体が正常に働くように血管や内臓に指令を出し、体調や体重をコントロールしてくれるのです

その自律神経が乱れてしまうと、上手く伝達が出来なくなり、血管や内臓の機能が低下します

ですから 体の不調だけでなく体重増加にも深く関わってくるのです

24時間働いている人間の体
体の器官を指令している自律神経は、内臓や血管を動かしているのですから
自律神経を調整すれば自然と痩せ体質になります

 

自律神経を整えると代謝が上がる

自律神経には、主に昼間働く交感神経と、主に夜働く副交感神経の2種類があります

昼間の交感神経は活動的に体を動かし
夜の副交感神経は逆にリラックス状態にします

 

自律神経のバランスを整える
昼間の交感神経と夜の副交感神経がどちらか一方に偏らないようにします

 

体重をコントロールするポイントがあります

 

スポンサードリンク



 

胃腸が活性化するように指令を出すのは副交感神経です

体に活力を与える交換神経がしっかり働いてこそ
副交感神経が働きます

つまり、副交感神経の働きが悪いと胃腸の機能が低下し代謝が落ちてしまいます

 

◯昼間の交感神経は活動的に体を動かす
◯夜の副交感神経は逆にリラックス状態にする

 

副交感神経が低下し、交感神経が優位になると呼吸が浅くなり心拍数が上がります
その結果血管が収縮して血流が悪化し臓器の働きが悪くなり太りやすい体質になります

 

夜はしっかり睡眠をとり疲れを取ることは、活力を得るために必要なことです

自律神経のバランスを整えることにより 自然とスリムになります

双方のバランスを整えるためには
朝はしっかり太陽の光を浴び目覚め、夜はゆっくり休息を取る

 

メリハリのある生活で交感神経と副交感神経の両方の働きを高めることが大切です

しかし、ストレスにさらされていると常に交感神経が刺激されている状態になります

スマホの長時間の使用等も緊張状態が続いている状態です

 

副交感神経は年齢とともに低下する

40歳頃から低下は始まります

年齢を増していくとよく眠れない、眠りが浅い、朝早く目覚める、これは副交感神経の低下が原因です

 

 

自律神経を整える朝晩の習慣でお腹周りスッキリ

1 おへその真下でおへそと恥骨を結ぶ線の真ん中あたりを両手でつまむ

 

 

 

2おへその斜め下の脇腹の前川を両手で摘みます
左右両方とも行います

1と2合計で3分ほど繰り返します

 

夜は優しくつまんで副交感神経を働かせ
朝は強めにつまんで交感神経を刺激させます

 

スポンサードリンク



 

肌をつまんで持ち上げると血行が良くなり。血中のセロトニン量がアップ!緊張した体がほぐれて自律神経が整います

お腹を引っ張ると朝が刺激され朝の運動が促進

その結果便秘解消や他の臓器も活性化するので代謝アップも期待できます

 

お腹の表皮だけでなく皮下脂肪事を持ち上げられると芝生の間を通るリンパの流れが改善しますお腹の脂肪や老廃物が排出されやすくなります

 

 

リンパ鼻呼吸

息をするだけで副交感神経をON!
死亡、老廃物を溜め込みません

1 鼻から軽く息を吐く
2 ゆっくりとお腹を膨らませながら鼻から息を吸う(4秒間)
3 お腹をへこませながら息を吐く(8秒間)

1〜3を繰り返します

ポイントは数時間よりも早く時間を長く保つことです

場所を問わずどこでも出来ます
気がついた時に いつでも行ってみましょう

 

食事

 

摂り方

 

食事を変えれば自律神経は整います

血糖値を安定させる

食事で血糖値が急激に上がると食後に血糖値が急激に下がります
この状態は交感神経が強く刺激されます

空腹のまま長時間過ごすと血糖値は下がります
交感神経が常に働き、自律神経が乱れて代謝が落ちてしまいます

塩分の取りすぎは自律神経を乱す

塩分を摂りすぎると血管にナトリウムが入り、交感神経が緊張し自律神経が乱れます
さらに交感神経には血管を収縮する働きがあるので血流も悪化し代謝が悪くなります

 

食事をするときは集中する

テレビを見たり、スマホをいじったりしていると交感神経が刺激され副交感神経がうまく働らがなくなっている状態です

 

大豆が自律神経を整える

 

 

 

水溶性食物繊維と大豆タンパク質で自律神経を整えます

 

大豆に多く含まれる水溶性の食物繊維が頭の吸収のスピードを緩やかにしてくれるため血糖値が安定します

また大豆に含まれる大豆タンパク質も食後の血糖値の上昇を防ぐことができます

 

大豆は低カロリー&低糖質少量でも満腹感が得られる食品です

 

市販されている蒸し大豆を使えば簡単に食事に取り入れることができます

サラダ、炒め物、酢の物、煮物などに積極的に摂り入れると良いでしょう
又、カレーなどのお馴染みの料理に 大豆プラスも手軽に摂れます

 

質の良い睡眠

6時間半から8時間未満がベストです

起きる予定時刻の1時間以内に目が覚めてしまったら、眠ってしまうのではなく起きましょう
中途半端に深い眠りになり寝起きが悪くなります

暗くして寝る

小さな豆電球ほどの光でも肥満や脂質が増えるリスクがあります
明かりが必要の場合は、直接目に入らないフットライトにすることをお勧めします

 

お勧めの曲

シューマン作曲の『トロイメライ』
副交感神経が低下し血圧が下がりリラックスすると言う研究があります

スヌーズ機能はNG

携帯のスヌーズ機能は深夜に何度も叩き起こされると同じ位ストレスを体に与え寝起きを悪くします

 

これもメリハリ

お風呂から出たらまず靴下を履いて足元を温めます
朝起きたら素足で歩くと冷たさが脳に伝わり刺激となりしゃきっとした朝を迎えられます

 

自立神経を整える
副交感神経と交換神経のバランスが大切です

 

簡単ゆるゆるダイエット!痩せる食事の仕方

二度と太りたくないための6つの習慣!

ヨーグルトの最も効果的な食べ方(タイミングと食べ合わせ)/乳酸菌の種類と効果 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ダイエット
お腹の肉を落とす 朝の揉み方、夜の揉み方

薄着の春です。 お腹のぷにゅぷにゅしたお肉は、つまんで揉んで気持ちの良く刺激してあげましょう。 しか …

ダイエット
ヘルシーなおやつ ノンフライの金吾堂煎餅 旨い!

おやつが食べたい でも・・・カロリーが気になる でも・・・食べたい そんな時は ノンフライ スポンサ …

ダイエット
二度と太りたくないための6つの習慣!

  毎日の習慣で、元気な腸を作る 食べたものが腸に貯まらず消化されると、太りにくい体になり …