肌が綺麗なる5つのポイント 何歳からでも若返る

美容
Pocket

肌が綺麗とは?

美肌要素にはいろいろありますが、気になるポイントはシミ、シワ、毛穴、透明感、たるみです。

きめが細かく透明感の素肌の人と、そうでない人の違いは一体なんなのでしょうか?

スポンサードリンク



それは皮膚を作る肌細胞が関係しています。

5つのポイントをクリアすると、何歳からでも肌が綺麗になれます。

ターンオーバー

ターンオーバーとは表皮、真皮、その下にある皮下組織の3層構造のうち、表皮が生まれ変わることです

20代は28日、40代はその2倍の56日

しかし、40代の人が無理矢理に20代のように早めようとすると肌トラブルの原因になります。

年齢に合ったターンオーバーを保つことが必要です。

そのためには、血行や代謝を良くすることや、紫外線を避け酸化やストレスを減らします。

睡眠をたっぷりとってホルモンバランスを整えることも大切です。
これらを日々意識していると何歳からでも肌は若返ります。

 

5つのポイント!

 

スポンサードリンク



 

1、代謝をよくする

細胞の一つ一つが元気な肌は、
シミの原因になるメラニンが発生してもシミにはなりにくいのです
メラニンはターンオーバーにより剥がれ落ちます。、(新陳代謝により肌表面に押し出され剥がれ落ちます)

 

2、血行をよくする

血管年齢が若いと血流が良い
体全体に栄養や酸素が十分に行き渡り肌細胞の活性化に繋がります

入浴、マッサージ、体を動かし日頃から血行を良くしておきましょう
ヒハツは毛細血管を若返らせてくれます

ヒハツとは 沖縄のスパイス(黒コショウに似ています)

 

 

3、糖化によるストレス

たるみくすみシミは参加が原因の1つです
糖化対策には食事のほかに適度な運動と質の高い睡眠が必要です

 

4、酸化によるストレス

肌を若く保つには紫外線による皮膚の酸化を防ぐことが重要です。
紫外線だけでなく大樹汚染も酸化の原因になります。

糖化と酸化を予防するには
食品だけでなく 調理方でもかなり違いが出ます

老化を防ぐ!糖化と酸化は調理法と食材で大きく変わる

 

5、ホルモンのバランスを整える

加齢と共にホルモンのバランスは崩れやすくなります。
充分な睡眠と規則正しい生活、バランスの取れた食事が大切です

植物性・動物性両方のたんぱく質を半々ずつ、バランスよくとるん(魚、肉、卵、大豆製品)

野菜、海藻類、きのこ類

ゴマ、ナッツ類、オリーブオイルなどの良質な油や酢

 

スポンサードリンク



肌を若返えらせる食品

タンパク質の多い食材赤身肉、鶏肉、納豆、鯖缶、枝豆、卵
肌にハリと弾力を与えみずみずしく肌を保つ働きがあります

ビタミンCの多い食材
パプリカパセリ芽キャベツキウイいちご
抗酸化作用があり美肌には欠かせないビタミンです

オメガ3の多い食材
マグロ、ぶり、さんま、くるみ、えごま油、うなぎ
このターンオーバーを整えます

肌細胞を若返らせ
きめ細かな透明感のある綺麗な素肌作りを目指しましょう

 

ヨーグルトの最も効果的な食べ方(タイミングと食べ合わせ)/乳酸菌の種類と効果 

驚き!卵 コーヒー 牛乳の摂り方で違う予防と効果!林修今でしょ講座!

簡単ゆるゆるダイエット!痩せる食事の仕方

太りたくない女子の手軽なおつまみ!美容と健康&体脂肪も減す・レシピ

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

美容
アラフォーモデル愛用コスメランキング 低コストでも美的生活

雑誌からだにいいこと より   アラフォーモデルのコストをかけない美的生活とは? 雑誌では …

美容
保湿力が違う化粧下地!ニベアとベビーパウダー 作り方と感想

ニベアが凄い人気です テレビ 雑誌 多くのメディアが取り上げています 特に ニベアとある化粧水を混ぜ …

美容
目を大きくパッチリ!目力アップ法!間違ったメイクが危な過ぎる

    目が小さい・・・と悩んでいませんか? 実は 黒目のサイズは男・女性、年齢 …