梅干し博士が教えてくれた 風邪の予防法  食べ方

健康
Pocket

身体を動かすときに必要なエネルギーとして炭水化物がありますが、その時に必要なのがクエン酸です
梅干しに含まれる「クエン酸」は風邪予防に繋がると梅干し博士がお話されていました。

梅干し博士 宇都宮先生
梅効能研究グループのプロジェクトリーダの和歌山県立医科大学の宇都宮洋才氏

そして効率の良い食べ方もあるそうです
スポンサードリンク



クエン酸が豊富な梅干しをおかゆと一緒に食べる

少量の炭水化物を効率的に栄養素に変換することができるようになるので、
エネルギーを補給して、回復を早める効果が得られます。
さらに、唾液が出ることで消化を促進します
風邪の時に胃腸を活発に動かさなくても消化することができるので、体力温存にもつながります。

各都道府県の梅干しの消費量で風邪予防の数位が見られます

梅干し消費量 日本一(一人当たり)

1位 和歌山県 36個
2位 山梨県 34個
3位 佐賀県 31個

山梨は風邪を引きにくい県のトップです

食べていない県

45位 群馬県 10個
46位 岐阜県 9個
47位 富山県 7個

富山県は風邪を引きやすいと県のトップです

スポンサードリンク



このように梅干しと風邪との関係が分かります

『一日1個の梅干しは医者いらず』

梅干しには 疲労回復、食欲増進のクエン酸と、殺菌効果のある梅リグナンが入っています
風邪を引きにくい成分が多く含まれています

 

梅干しの食べ方

オススメは、ご飯と梅干し

一緒に食べることによって血管を若く保ってくれます
これは血流アップと免疫力アップにつながり風邪にかかりにくい体質になります

 

その他の効果

〇胃がんの原因物質となるピロリ菌を倒す能力
〇動脈硬化を防いで、血液をサラサラ
〇血糖値を低下させる働き
〇ダイエット効果 (バニリンが脂肪細胞を分解)
〇二日酔いに効く
梅干しには胃腸を守る粘液の分泌を高めてくれる効果があります
そのため、お酒を飲む前に梅干しを食べると胃腸の粘膜を保護してくれます
二日酔いをしやすい人や心配な時は、効果が期待出来ます

 

塩分が気になる人は、減塩の物を選びましょう

 

 

魔法の万能調味料 梅ダレ

 

梅干し10個
みりん大さじ2 酒 大さじ1 醤油 大さじ1
水 小さじ2 昆布だし 小さじ1

スポンサードリンク



作り方
1. 小さい耐熱皿にみりん、酒を入れ、ラップをかけずに、電子レンジで約20秒加熱し、アルコール分をとばし、粗熱をとる。
2. 小さい器に梅肉を入れる。1と醤油、水、昆布だしを梅肉に少しずつ加えて溶き混ぜる。

トーストに乗せたり、パスタに入れても、アイスクリームにも 色々な調理に役立ちます

 

 

1本10秒!プリネイル 有吉ゼミで紹介 簡単綺麗(使い方と口コミ)

 

ゼロカロ飲料注意!安心していると太る隠れた落とし穴とは・・

味噌が血圧上昇を防ぐ!驚きの健康美容効果ぷるりん美肌も夢じゃない 

チーズは内臓脂肪を減らす!食べ方と注意(家庭の医学より)

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

健康
生ニラ蕎麦 簡単美味しい健康美肌レシピ

ニラというと ニラ玉、ニラレバなど炒めたり スープに入れるというのが定番料理ですが、 刻んだニラをそ …

健康
大塚愛のさくらんぼ 笑顔咲く~健康効果

さくらんぼ と、言えば     思い出すのが、大塚愛さんの さくらんぼ♪ 笑顔咲 …

健康
ガン細胞は1日に約5000個出来る 減らすために必要な事

(あさイチ)     がん細胞は1日で5000個出来る・・・ ではその5000個 …