健康長寿の秘訣はガッツリよりゆるく・認知症リスクを軽減するには

健康
Pocket

 

 

健康長寿は、日頃の何気ない日常生活により違いが現れます
頑張ってガッツリメニューをこなすより意外と簡単でゆるい?
そして、心身ともに健康であり、認知症の発症率を低下させる幸せな方法があります

 

実は ある行動で日本は世界1位になっています
その原因こそが健康長寿を妨げる一因になっています

 

第一位 日本

第二位 サウジアラビア

第三位 台湾

第四位 ノルウェー

第五位 リトアニア

 

 

スポンサードリンク



 

日本人の座っている時間は平均7時間 世界1位!

長時間の座りっぱなしが健康被害になります

 

健康長寿の秘訣は長時間座らないとこと!

 

長時間の座りっぱなしの生活を続けていると肥満や糖尿病になりやすくなる
また座る時間が長いほど死亡のリスクが高まるいることが分かっています
座り続けていると、お尻と太ももが圧迫されて血流が滞ります
また
筋肉を動かさないので、糖や中性脂肪を分解する酸素が分泌されません
そのため肥満や糖尿病など様々な症状を引き起こしてしまうのです

 

ですが、
毎日運動しているから大丈夫!」安心していませんか?

 

いいえ違います

 

体を動かしても 家に戻るとずっと座り続けてしまう

ジムや、ウォーキング、ストレッチなど気持ち良く体を動かし心身ともにリフレシュ
しかし、家に帰ってくると どっかり座り続けしまったり殆ど動かない

こういう人を「アクティブカウチポテト」といいます

せっかく運動をしても効果が消えてしまいます

 

たとえば

1 運動しているが普段は長時間座っている人

2 特別な運動はしないが座っている時間が短い人

 

両者を比べてみると死亡率が40%高くなります
(1日に座っている時間が11時間以上 、 4時間未満)

つまり長時間座らないことは、健康長寿につながる立派な運動になります

 

病気予防と座りすぎの時間を減らすには、30分に1度は立って動く
この生活習慣を続けることにより大きな病気のリスクを下げることに繋がっていきます

 

ガッツり運動するよりゆるい日常生活でも大丈夫
こまめに家事仕事をしたり
ちょちょこ動くなど気が付いた時に動くことで違いが出ます

 

 

スポンサードリンク



 

座り続ける事は健康被害

家事の仕事をコマメに行足り
思い出したら 直ぐに行動する
座りっぱなしではなく 何気ない動きも大切になります
意識して座り続けないことが大切です 立って少し動く

 

座り続ける
これはエコノミー症候群に匹敵します(ロングフライト症候群)

 

座り続けることで足の血流が滞り血栓ができ安くなります
その血栓が様々な症状をもたらします

 

どうしても動けない場合はつま先を上に上げたり
足をあげる、かかとあげるなどを行いしましょう

 

下半身には筋肉が70%ありますので
それが座り続けることによって全く動かない状態を作ります

現代人は座ることが大変多いです
電車・バス・車、デスクワーク、スマホ

これからは気がついたときには立ち上がり歩くように心がける
これが健康長寿に繋がります

 

 

低酸素状態は細胞を活発にさせる

 

低酸素状態で運動すると、酸素が足りなくなったと体が認知し、酸素を運ぶ赤血球が増えます

その状態で通常の環境に戻ると
増えた赤血球が酸素を より多く運ぶようになります

これにより細胞分裂が活発になるので健康増進や健康維持ができます

 

水泳は有効的な運動になります

 

 

好奇心こそが長生きの秘訣

 

好奇心があって新しいところに出かける
いろんな情報を得る

いろんなことをやっている人と、全くやっていない人では
早く身の回りのことが出来なくなる、
あるいは認知症になりやすいと言うことがわかっています

 

好奇心は認知症リスクを軽減する要因

 

 

スポンサードリンク



75歳以上で仕事をしていない場合

新聞を読まない
バス電車を利用して 外出しない
スポーツ的活動をしない
地域との繋がりがない

この好奇心に関する全てに当てはまる人は
5年後の認知症発症リスクが3倍になります

 

なぜ好奇心があると認知症になりにくいのでしょうか?

 

一般的に脳は加齢とともに萎縮していきます

その原因のひとつと言われるのが「神経細胞の減少」です

神経細胞の減少は好奇心と深く関係しています
様々なものに遭遇し新しい刺激が脳の機能を活性化しています

高齢になっても
新しい神経細胞は 作られ続け脳の機能が活性化します

 

交友関係の広さも健康長寿の秘訣です
色々な友達ネットワークが広い人、そういう人ほど健康を保っているということが分かっています

 

又、生き死に関わったり、要介護状態になる、ならない
いろいろな健康指標で人とのつながりが大事と言うことになります

趣味やボランティアなどのグループに全く参加しない高齢者は
参加してる人に比べ物の発症率が高くなります

 

65歳以上の男性の場合、
役割を持っていない人は
役割を持っている人の7倍 うつになる確率があります

 

交友関係が広いと死亡率が低い理由

身体活動量が増える
交友関係があると体を動かす機会が増えます
心地よい緊張感などもあったり、刺激を受けることがあります

社会的支援を受けやすい
何かあったときに助けてくれることが多い
早期発見の可能性もあります

精神的支援を受けやすい
悩みを相談できる人と精神的にリラックスできる

 

関わりを持つことが 幸せ健康寿命に繋がります

 

 

老化を防ぐ!原因は糖化と酸化 食材と調理法で大きく変わります

長寿に繋がる体に良い食べ物 おすすめ「8品目」 本当に大切なものとは?

体に良い油の選び方 えごま油と亜麻仁油の違いは?米油の効果は?

乳酸菌の種類と特徴/自分に合った乳酸菌と効果的な食べ方

大豆パワーで健康寿命を延ばす!食べ方が重要(成人病予防とダイエット)

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

健康
老け顔・ほうれい線・たるみの原因は骨にあり(対策)骨密度を上げる方法

  気になるほうれい線や目尻のシワ、この原因が骨にある 骨に関係する骨折や骨粗しょう症 な …

健康
思春期の反抗 原因と対策 それは性ホルモンと関係していました

    あさイチ「性ホルモン 反抗期・脳への影響」より 子供の成長と脳の関係 性 …

健康
あさイチ「性ホルモンの減少と物忘れ」原因と対処法 最近イラっとする・・

性ホルモンが、男性の更年期、女性の更年期、そして物忘れにも大きく関わっています また子供の反抗期も性 …