老化を防ぐ!原因は糖化と酸化 食材と調理法で大きく変わります

健康
Pocket

 

 

太る→ 老ける →病む

ブドウ糖と酸素は私たちが生きるために必要な物です
どちらがなくても私たちは命を落としてしまいます
しかし、このブドウ糖と酸素が老化させる原因にもなっています

 

蝕む糖化と酸化

 

糖化=錆びる
酸化=焦げる

 

糖化は
たんぱく質+ 脂質+ ブドウ糖 が結合したもの

ブドウ糖が原因の 糖化は 錆びます

 

酸化は
息を吸う 酸素+ ブドウ糖が 結合したもの

酸素が原因の 酸化は焦げます

(りんごを放置しておくと酸素に触れて茶色くなる状態)

 

糖化と酸化 → 焦げると錆びる

これが老化の原因になり
またこれにより、あらゆる病気の引き金にもなります

 

スポンサードリンク



私たちの体は

水分以外は殆どタンパク質と脂質から出来ています

血液中に余分な糖分があると
体内のたんぱく質や脂質と結びついて変性させ
老化を促進させるAGEを作リ出します

ですから
ブドウ糖が体内に余っている状態がいかに良くないと分かります

 

AGEは
タンパク質や脂質を変性させる悪い物質

 

AGEにより皮膚では
コラーゲンが変性して弾力がなくなりシワになり
シミはAGEが溜まった状態である皮膚の焦げです

 

AGEにより血管では
たんぱく質を変性して固く切れやすい動脈硬化を起こします

 

私たちはブドウ糖と酸素を結合させてエネルギーに変えています
その過程で糖化と酸化は同時に起きています

 

同時に起きると言うのは
同時に悪化もあり
逆に 同時に予防も可能だということです

 

AGEを増えないように気をつけることで、
糖化はもちろん酸化も抑えることが出来ます

 

 

スポンサードリンク



 

AGEの多い食品を避ける

ブドウ糖と結びついてAGEが出来るので
ブドウ糖を体内で余らせてしまう糖質の過剰摂取を避けます

 

食品に含まれるAGEの含有量の 約10%が体内に取り込まれ
その内の
6~7%が長期間にわたって体に蓄積されます

う???

意外と少ない!と安心してしまいますが
実は
同じ食べ物でも
その調理法によってAGEの含有量がはるかに違ってきます

 

AGEを体内で増やさない調理

 

AGE量は高温で調理すると大きく増える

一番いいのは生!
火を通すなら 煮る・茹でる
焼く・揚げるにしていくとAGE量はどんどん増えていきます

 

フライドポテトも自宅で揚げたものよりも
ファーストフードで売られている物方がAGEの含有量が多くなります
ファーストフード店では家庭よりも高温で調理するからです

 

鶏肉の調理も
蒸すより 焼く、揚げるの順でAGEの含有量はどんどん増えていきます

 

スポンサードリンク



酢の大切さ

 

酢が血糖値の上昇を抑え
食品中のAGE量を下げてくれる効果があります

魚を食べる時
油で揚げた状態だとかなりAGEの値が高くなるのですが
それをマリネにして南蛮漬けにすると酢の力でAGEが減ります

 

肉をそのままグリルにするとAGE量は約5倍に増えます
しかし、
グリルをする前に 酢に漬け込んでから調理すると
AGE量は2倍以下に下げることができます

酢の代わりにレモン汁でも同じ結果です

 

酢は血糖値もAGE量も抑えてくれる非常に優秀な食材です
普段から調味料がわりにどんどん使いましょう
酢を使うことで 塩分を控えることもできます

 

糖化・酸化と言う老化作用にストップをかけることが大切です
そのためには
糖質の制限、古い油を取らない、調理法に気をつけるなど
食生活で気をつけるべきことが必要です

 

 

長寿に繋がる体に良い食べ物 おすすめ「8品目」 本当に大切なものとは?

ヒハツ(ピパーチ)の効果で若返り!美肌・薄毛・冷え性など効果バツグン!?   

 

大豆パワーで健康寿命を延ばす!食べ方が重要(成人病予防とダイエット)

体に良い油の選び方 えごま油と亜麻仁油の違いは?米油の効果は?

血糖値を下げる食品10品目と簡単な食べ方と注意すること

 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

健康
老け顔・ほうれい線・たるみの原因は骨にあり(対策)骨密度を上げる方法

  気になるほうれい線や目尻のシワ、この原因が骨にある 骨に関係する骨折や骨粗しょう症 な …

健康
思春期の反抗 原因と対策 それは性ホルモンと関係していました

    あさイチ「性ホルモン 反抗期・脳への影響」より 子供の成長と脳の関係 性 …

健康
あさイチ「性ホルモンの減少と物忘れ」原因と対処法 最近イラっとする・・

性ホルモンが、男性の更年期、女性の更年期、そして物忘れにも大きく関わっています また子供の反抗期も性 …