小澤征爾氏が入院.大動脈弁狭窄症は悪化しないと分からない・症状と復帰は?

芸能
Pocket

 

 

世界的指揮者の小澤征爾(82歳)さんがオペラ講演を降板することを発表致しました

 

病院で検査を受けた結果大動脈弁狭窄症であることがわかり
治療に専念することにいたしました
(昨日 小沢政治音楽塾のホームページより)

小沢成治さんは先月下旬ごろ、体調不良訴えた事から検査入院をし
大動脈弁狭窄症と診断され入院しました

 

スポンサードリンク



 

大動脈狭窄症とは

 

心臓から大動脈へ血液を流す弁が動脈硬化や石灰化によって狭くなり
大動脈に十分な血液を送れなくなる病気です

循環器専門医の話では
動脈硬化など加齢性に伴う場合は70代80代に多い病気になると思います
放置しておくと心不全症状が起こることがあります
心不全に至ると最悪の場合突然死に至ることがあります

 

症状

 

胸の痛み・湿疹・意識を失う・足がむくむ・肺に水が溜まる
しかし
症状は悪化しないと現れなく
見つかった場合は手術を前提に治療を行うことになります

 

現在82歳の小沢さんは
2010年に食道がんを患い食道の全摘出手術を受けています
このことが復帰までの道のりに影響する可能性があると言われています

 

食道がんを手術した場合、
食が細くなり痩せていきますので、体力がありません
ですから術後のリハビリを考えるとかなり大変だということです

 

小澤征爾さんのコメント

 

「私自身もとても残念な気持ちでおりますが
皆様の前で指揮をするためにも治療に専念いたします
体力の復帰に励みたいと思っております」

 

スポンサードリンク



小沢さんの主治医よりますと

入院期間は約1ヵ月程で、暖かくなる頃には音楽活動に復帰できるの見込みだそうです

 

小沢さんは治療しながらも
今後の音楽活動に支障が起こらないようにリハビリを行っていくとのことです

 

出演予定だったコンサートは別の指揮者が代役を務めます

 

 

 

血管を柔らかくて突然死を防ぐ/原因と予防法

長寿に繋がる体に良い食べ物 おすすめ「8品目」 本当に大切なものとは?

血糖値を下げる食品10品目と簡単な食べ方と注意すること

秘訣は7つ!100歳まで歩く!筋肉貯金!まとめ(林修今でしょ!)

若返り効果バツグン「毛細血管を増やす」方法と食べ物

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

芸能
高嶺の花 峯田和伸 石原さとみとベットシーン 二面性の顔が魅力的

水曜夜10時 日テレ「高嶺の花」放送中 ももとぷーさんの会話がハートフルでキュンキュンしちゃう女子も …

芸能
日曜ドラマ「この世界の片隅に」松本穂香の演技 別バージョンも

TBS日曜ドラマ 午後9時 「この世界の片隅に」が面白い 昭和19年に広島市江波から呉に、18歳で嫁 …

芸能
2018ミスマガジン最終選考!小野妹子の子孫「えのきさりな」と歴代ミスマガジン

    週刊ヤングマガジンで行われる読者投稿形式のグラビアミスコンテスト 7年ぶ …