金正恩の妹 金与正氏(キムジョンヨン)妊娠7か月!年齢不詳?朝鮮NO.2の素顔

ニュース
Pocket

金与正氏とはどんな人物なのでしょうか?
謎が多く情報が少ないと言われています
実は年齢もはっきりと分からない?! 謎のベールに包まれたままです

今回の平昌オリンピックでは、彼女の動きが大変注目を浴びていました
そして彼女の視線は、終始 顎を上げ、人を見下ろすような視線での対応

金与正氏の素顔とは?
金ファミリー史上初 韓国訪問者をし
金与正氏は、実質No.2とも言われ信頼されています
コリアレポート(辺 真一編集長より)

スポンサードリンク



金正日氏の実質の子供は(表面化している)

金正哲氏(キムジョンチョル)
金正恩(キムジョンオン)委員長
そして 金与正氏(キムヨジョン)現在トップの金正恩氏の妹です

金与正氏とは・・・・・(アメリカ財務省制裁リストより)
1989年9月26日 現在28歳 ?
この年齢も実際 疑問のようです
30歳を超えているのでは?と素性も明らかではありません

経歴

幼少期は 金正哲氏・金正恩氏・金与正

この3人は 一般社会から確立され
生まれた時から特別扱いをされていました
1998年 兄金正恩氏と同じスイス・ベルンの公立学校に留学
(年齢を考えると時期的に疑問です)

当時の様子は
趣味はイラストを描くこと そしてダンス部に入っていました
2000年 北朝鮮に戻り その後 金日成総大学へ
2010年 公に初めて姿を現したのは 父金正日の葬儀でした

スポンサードリンク




現在は 朝鮮労働党中央委員会の宣伝扇動部 第1副部長
これはかなり重要な部署であり
現在トップの金正恩氏のイメージ戦略や 新聞・放送を取り仕切る役目です

プライベートでは金与正氏は結婚をしている

とも言われていますが
実は以前 政府は大学内に特捜班の組織を作り花婿候補を探していたようです

韓国政府は一貫して結婚はしていないと否定しておりますが
うわさ ① 一昨年 大学教授と結婚している?
うわさ ② 2015年には朝鮮労働党幹部の息子と結婚をして子供もいると言う説
以前 闇の中です

しかし先ごろ(2/20頃)北朝鮮は与正氏の妊娠(7か月)を発表しました
なぜこの時期に、・・・
北の思惑・・・
妊婦をアピールし他国からの制裁を阻止させる とも考えられる様です

 

金与正氏が重用されている理由

兄弟の中でも特に 聡明で父金正日氏に大変可愛がられていました

2001年 金正日総書記の発言では
子供の金正恩と与正は 政治に関心を持っている
与正が 男の子なら後継者にしたかった と言っていたそうです
(元ロシア高官交換の手記より)
与正氏は 兄 金正恩氏から見ると父親(金正日)が大切にしていたことや
金正恩氏と幼少期 共に過ごした仲であることから
かなり信頼し 事実上 NO.2の権限を与えているようです

スポンサードリンク




今後 公の場に与正氏の存在が増してくる可能性があると言われています
なぜなら 以前 在日朝鮮人の母に連れられて密かに日本を訪れたこともある
また 西側諸国の風景に馴染を持っている

今回の訪韓も 自分の目で南側を見たいと 正恩氏に直接申し出た可能性もあります
金正恩委員長は、与正氏を信頼する存在であることから
今後、アメリカとの交渉役として重要視し
北朝鮮との交渉の切り札として、これからも表舞台に出てくるのではないでしょうか?

しかし金与正氏はアメリカの制裁リストに載っている人物です
人権侵害をした人物と 個人名が出ている人物 です

 

 

若返り効果バツグン「毛細血管を増やす」方法と食べ物

朝飲む缶コーヒーが危険過ぎる?毒にも薬にもなるコーヒー

長寿に繋がる体に良い食べ物 おすすめ「8品目」 本当に大切なものとは?

「大豆」健康法が凄い!最も効果的な食べ方は?ダイエット・成人病予防

体に良い油の選び方 えごま油と亜麻仁油の違いは?米油の効果は?

疲れた時の甘いものは逆効果/疲れた時に食べると良い物

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
中国スマホメーカーランキング 人気の理由と特徴 

中国製のスマートフォンが東南アジアに積極的に進出し世界シェアを急速に伸ばしています スマホと言えば日 …

ニュース
長谷部引退 後任吉田麻也(29)?のキャプテン力と弱みを克服して8位に・・

  「長谷部選手の後はやりにくいが、自分のスタンスで引っ張っていくしかない」 と語った吉田 …

ニュース
小室哲哉の発言に嘘とKEIKOの親族らが怒る!(週刊文春7月12号)

グッドモーニング(7月5日) 不倫報道をきっかけに今年1月小室哲哉さんが会見をした際 その発言に嘘が …