疲れた時の甘いものは逆効果/疲れた時に食べると良い物

健康
Pocket

 

疲れているときに甘いものを食べると回復する
「血糖値が上がるから疲れが取れるんです」これは大きな勘違いです

確かに糖質をとれば血糖値が上がり、それによって一瞬だけ楽になり落ち着きますが、
これは脳が騙されているのです

頭を使うと甘いものが欲しくなる 疲れると甘いものが欲しくなる
確かに脳にとってブドウ糖が唯一のエネルギー源ですが、
甘い物をひと口食べると 脳がリフレッシュされるような印象与えています。
確かに脳はブドウ糖がなければ働きません。
しかしそれは脳だけでなく体全体に必要なものとして
人間の本能で、「ブドウ糖がなければ生きてはいけない」
と脳にインプットされているためのようです

スポンサードリンク



糖質摂取で急激にあげた血糖値は、
急激に下がらず、イライラ・吐き気・眠気など 様々な症状が出たりします
その疲れを取るために 又甘いもの食べて 疲れる
そしてまた疲れてくると、何か甘いものを食べたくなる
これを繰り返していると、糖質中毒に陥ってしまいます

疲れた時は、甘いもではなく本当に体が欲しい物は何か考えることが必要です

肉体的な疲れなら、基本的には胃を休ませることが大切です
食べたものを消化するには、大きなパワーが必要となってきます
疲れているときは、疲労回復のためにパワーを使いたい、
食べ物を消化するためにパワーはできるだけ使いたくないのです

スポンサードリンク




ですから、無理をして食べるより胃を休ませてあげます

味噌汁やスープなど 温かい物は精神的にもリラックス効果があります
少しお腹が空いている時は、おかゆやうどん、ゆで野菜や豆腐などが良いでしょう

「タンパク質」は筋肉疲労の回復を手伝ってくれます
(肉、魚、卵、大豆など)

「クエン酸」は 細胞の修復に役立ちます
(グレープフルーツ・ キューウイ・ りんごなど)

「リコピン」リコピンが多く含まれているトマトは、
ビタミンA・C・Eも含むため、特に疲労回復にいいといわれています

疲労回復効果にエナジードリンクはNG

エナジードリンクの中に含まれるカフェインで、気分が高揚しリフレシュしたように感じますが、
実は疲労感を紛らわしているだけで、疲労は回復されていません。
むしろ疲労感を覚醒させてしまうので危険な状態といえます。

スポンサードリンク




また、アルコールは自律神経の中枢を麻痺させているだけなので、疲れはとれません
実際は、肝臓でアルコールが代謝される時には、活性酸素が発生し、
飲めば飲むほど脳疲労が溜まり虚脱感も感じてしまいます

 

疲れている時こそ、安易に甘い物を口にしたり、ドリンクで紛らわすことは

体にとっても脳にとってもNGになります

休息と栄養(消化の良い物)が大切です

脳に騙されてはいけません・・・。

 

関連記事

朝飲む缶コーヒーが危険過ぎる?毒にも薬にもなるコーヒー

エナジードリンクが怖い!カフェイン中毒 副作用 栄養ドリンクとの違い

太りたくない女子の手軽なおつまみ!美容と健康&体脂肪も減す・レシピ

正しい糖質制限ダイエット それは意外に簡単なことでした

若返り効果バツグン「毛細血管を増やす」方法と食べ物

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

健康
1
イライラが止まらない!怒りの原因は病かも?解消法(食事・運動・生活)

イライラが止まらない。訳もなくイラついてしまう。 怒・悲しみ・感情を支配しているのは「脳」です 脳を …

健康
たけしの家庭の医学「 たっぷり溜まった内臓脂肪を効率良く減らす方法と食材」

中性脂肪は、溜まりやすく減らしにくい! 血管に溜まった中性脂肪 さぁ-どうしますか?中性脂肪が多いと …

健康
レディーガガ病気は線維筋痛症 完璧者は危険!その恐ろしく痛い症状とは?原因

  レディーガガ(31歳)さんは 線維筋痛症によりツアーを全て中止にしました 線維筋痛症と …