ソニーのaibo(アイボ)鳴き声も可愛い進化型(AI)購入と費用 

話題の商品
Pocket

 

 

ソニーから「ワン、ワン、ワン」1月11日発売する進化系「AI」ロボットaibo(アイボ)。

去年の11月11日の予約時点では即完売するほどの大人気でした。

成長型ロボットなので、触れ合うことで鳴き声なども変わり

なんとも愛らしいaiboですが・・・しかし、購入だけではすみません。

可愛い我が子(?)には、人間と同様にお金がかかります。

(本体は税抜き19万8000円)

 

スポンサードリンク




任意加入のケアサポート

本体にはメーカー補償が30日ありますが、 延長で1年もしくは3年の保証期間が選べます。

1年保証は2万円 3年保証は5万4000円です。

購入後のケアサポート加入は、手間や費用がかかるので気を付けた方が良いでしょう。

ケアサポート内容は、

修理代が50%割引・健康診断が50%割引になります。

 

aiboのご飯代(通信費)

通信はWi-Fiのほか、LTEを搭載しています。(SIMを内蔵)

月額 2980円の専用回線接続料金がかかります。

 

スポンサードリンク




aiboの特徴

 

身長 およそ30cm  体重 2.2kg

鼻にあるカメラで持ち主の表情を認識し、瞳の色や動きで感情を表すことが出来ます。

オーナーからの呼びかけや 姿、タッチに反応するだけでなく、

体全体を使って表現することが出来、待っているだけでなく

aiboからも積極的に働きかけてくれます。

年数が経つと鳴き声も変わり育っていきます。

センサーは、魚眼カメラ(前方カメラと腰部)、背中センサー、頭センサー・あごセンサー、人感センサー、照度センサー、肉球 画像、音声の認識・解析・・・などど 細部に渡っています。

腰部(胴体上部)にあるカメラでは、環境地図を動的に生成することができます。

連続稼働時間は約2時間

また、専用アプリ「My aibo」との連携(aiboフォト、aiboストア)などの機能も利用できます。

 

スポンサードリンク



 

「AI」進化系ロボットはまだまだ進化して、生活をも変えていきます。

7社が開発した マルチモーダルAIロボット(去年国際ロボット展で発表)

柔らかいタオルがたためる(状況を判断してたたみ直せる)

サラダの盛り付けも、野菜の切り方や色で仕分ることが出来るという優れものです。

遠隔操作で 細かい動きが出来たり、

ロボットで感じる感覚を人間が同じように感じられる物もあります。

ロボットは、どんどん人間に近づいています

価格も、どんどん身近に感じられると嬉しいのです・・・。

 

 

 

朝飲む缶コーヒーが危険過ぎる?毒にも薬にもなるコーヒー

 

 

秘訣は7つ!100歳まで歩く!筋肉貯金!まとめ(林修今でしょ!)

血管を柔らかくて突然死を防ぐ/原因と予防法

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

話題の商品
ダイソン空気清浄機 ピュアクールの性能と口コミ 電気代は?フィルター交換

    室内の空気は屋外より最大7倍汚染されていることがあります ダイソーの空気 …

話題の商品
ちょっと痛いけど効果はバツグン!ルイド フェイスメイクローラー驚きの効果

    化粧ノリが 違うと大絶賛!お肌にハリが生まれ しかも肌が(筋肉)柔らかく …

話題の商品
象印サクふわオーブントースター売れています 話題騒然の美味しさ

        焼きあがったパンの「サクッとふわっと」はあの …