「疲れると甘いものが欲しくなる」危険これは脳にだまされていますよ!

健康
Pocket

 

 

 

 

「あ~疲れた」

あなたは、こんな時に「脳が欲しがっているから」と言って甘い物を食べてはいませんか?

そうです、脳のエネルギー源はブドウ糖です。

しかし、こんな時に甘いものを摂取するのは逆効果です。

一時的にリラックスや興奮状態に陥りますが、これは脳の機能を上げているわけではありません

 

スポンサードリンク



 

頭を使うと甘いものが欲しくなる 疲れると甘いものが欲しくなる

確かに脳にとってブドウ糖が唯一のエネルギー源ですが、

それを信じてひと口食べると脳がリフレッシュされるような印象与えています。

確かに脳はブドウ糖がなければ働きません。

しかしそれは脳だけでなく、ブドウ糖がなければ生きてはいけないのです。

人間の本能で、「ブドウ糖がなければ生きてはいけない」とインプットされているようです。

ブドウ糖の過剰摂取

体内にブドウ糖が余ってしまっても、尿や便に排出されず 100%吸収されてしまいます。
そして、余ったブドウ糖は、グリコーゲンや中性脂肪として蓄えられます(糖は脂肪に変換されます)

体内のメカニズムでは、ブドウ糖を脂肪に変換するのは命をつなぐためです

 

ブドウ糖が不足すると、脂肪がエネルギー源として使われます

その時にケトン体ができ、このケトン体も脳に利用されるので、ブドウ糖だけが脳のエネルギー源になるわけではありません

いざと言う時にならなければ、私たちがブドウ糖不足に陥ることなどないのです。

むしろ余らせているのが実情です

 

スポンサードリンク



 

健康な人の血糖値は、70~140位です。

それが人間の体にとってベストです。

疲れたのでリフレッシュさせるために、甘いものやブドウ糖食品などを口にし

血糖値を急激に上げ、その後急激に下がる

これはかえってパフォーマンスを落としてしまいます。

甘いものを食べて頭がすっきりしたと感じるのは、
急激に血糖値が上がり、ドーパミンやセロトニンが分泌され 一瞬幸せな気分になるからです。

まさに中毒症状に似ています。

脳は騙されているだけで、逆にその後 低血糖に陥りますので甘い物を過剰に摂った後は、

パスパフォーマンスがひどく低下してしまいます。

 

意識していなくても、糖質の過剰摂取傾向にあるといえます。

集中力が続かない、アイディアが浮かばない、体がだるくてすっきりしない、すぐに眠気に襲われる

この状態にある時は、糖分が足りないのではなく、取り過ぎている可能性があります。

糖質中毒チェック

① 朝食をしっかり食べたのに昼食時に空腹感を覚える

② ジャンクフードや甘いものを食べ始めると止めるのは難しい

③ 食後も時々満足感を感じないことがある

④ 食べ物を見たり匂いを書いたら食べたくなる

⑤ お腹が空いていないのに夜食べたくなることがある

⑥ どうしても夜食を食べたくなる

⑦ 食べ過ぎた後なんだかだるい感じがする

⑧ 昼食後何となく疲れや空腹感を感じる

⑨ お腹がいっぱいなのに食べ続けてしまうことがある

⑩ ダイエットしてリバウンドしたことがある

上記の内容にチェックが多いほど、あなたの糖質中毒の可能性が高くなります。

 

スポンサードリンク



半分以上の人は要注意して下さい。

脳に騙されてはいけません!

甘い物を欲しがっているのは あなた自身です。

糖質の過剰摂取、糖質中毒を防ぎましょう。

太りたくない女子の手軽なおつまみ!美容と健康&体脂肪も減す・レシピ

こんにゃくセラミドでお肌ぷるりん&こんにゃくダイエットレシピ

体に良い油の選び方 えごま油と亜麻仁油どっちが良いの?米油の効果は?

肌乾燥・洗顔フォームの見直し!イッコーさんおすすめ馬油洗顔とは? 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

健康
1
イライラが止まらない!怒りの原因は病かも?解消法(食事・運動・生活)

イライラが止まらない。訳もなくイラついてしまう。 怒・悲しみ・感情を支配しているのは「脳」です 脳を …

健康
たけしの家庭の医学「 たっぷり溜まった内臓脂肪を効率良く減らす方法と食材」

中性脂肪は、溜まりやすく減らしにくい! 血管に溜まった中性脂肪 さぁ-どうしますか?中性脂肪が多いと …

健康
レディーガガ病気は線維筋痛症 完璧者は危険!その恐ろしく痛い症状とは?原因

  レディーガガ(31歳)さんは 線維筋痛症によりツアーを全て中止にしました 線維筋痛症と …