冷え解消!意外な温めポイントを紹介します/冷えとむくみの改善対策

健康
Pocket

 

 

手足が冷たい、靴下をはいても、重ね着をしても一向に体が温まらない。

特に手足の末端が 冷たく冷えきったまま・・・

冷えをそのままにしておくとむくみ原因にもなります。

またむくみを放置しておくと免疫力も下がり健康状態に悪影響を及ぼします。

ですから、体を温め体温を上げ免疫力を高めてあげることが大切です。

 

冷えからくる症状には
疲れや 体調不良 ・むくみ・慢性的な頭痛・首 肩 腰の痛みなど様々あります。

そして、冷えを改善するには、運動・入浴・マッサージなどがありますが、

手軽に、場所も時間も関係なくできるのが、「温める」ことです。

 

温める・・・

首 お腹 手 足?色々な部位はありますが、ポイントを抑えると 効率よく体を温めることができます。

冷たい患部だけを温めるだけでなく、

体のメカニズムに合わせた温め方をすることが冷え予防の一歩になります。

 

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

温めポイント

 

① お尻

あなたのお尻、冷えきって冷たくなっていませんか?

実は、お尻は温めの重要なスポットです。

なぜなら、お尻には動脈・静脈の血流ポイントがあります
ですからお尻をすっぽり覆い 温めることによって血流が良くなります。

体温を効率よく上昇させることが出来るようになるわけです。

 

腹巻と勘違いしていまいますが、腹巻はどちらかというと内臓を温めるのが目的です。
お腹を壊さないように 寝冷えしないように・・・

内臓を温めると免疫力アップになりますが、冷え対策にはあまり繋がりません。

お尻を覆う
毛糸のパンツは股の部分を圧迫してしまうこともあるので、

出来れば腹巻を お尻までずらしてすっぽり覆いましょう。(尻巻き)

お尻がポカポカ温まると脳が喜びます
お尻を温めると、血流が良くなり脳が気持ち良くなったと感じ、ストレスや自律神経のバランスも整えてくれます。

 

逆に、冷えると筋肉が縮みます。
それは、血管が圧迫されて血流が悪くなるからです
すると、筋肉に十分な酸素が行かなくなり それを脳が察知し痛みとして感じ、

更に筋肉の細胞もダメージを受け痛みを感じます。

これが冷えによる体の痛みの症状です。
お尻を温めて「冷えと痛み」から逃れましょう!

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

その他の尻巻きの効果

肛門の周辺が温まると血流が良くなるので痔にも良好になり、

膀胱もポカポカ温まると頻尿防止にもなります。

 

② 肩甲骨の間に温熱シート(40度度くらいの温熱シート)

 

第二の心臓と言われるふくらはぎ、ここを動かしたりマッサージして血流を促すのもいいのですが、

実は、肩甲骨の間に貼るのが効果的です。

肩甲骨の間は、筋肉や脂肪が薄く、又、心臓に近い場所なので 血流を、スムーズに挙げることが出来ます。

 

冬におおい冷えからくるむくみ・・・

 

寒さくなると特に冷えて、運動不足になります。

 

 

寒くて血管が収縮(運動不足にもなる)→血流が悪くなる→身体が冷える→身体がむくむ→だるくなり動かなくなる

運動不足によりまた血管が収縮します。

負のスパイラル陥ってしまい、この状態は病気の発症リスクが高めてしまいます。

冷えむくみは長期化することで、血栓が出来る可能性が高まり、免疫力も低下し様々な病気を誘発してしまいます

 

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

身体の血流をスムーズに促し、冷え、むくみ、痛みから解消しましょう

温めるポイントは2つ!お尻と肩甲骨の間です。

 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ダイエット
最強 さつま芋のレジスタントスターチ効果 美肌にダイエット効率よく食べる

最近よく耳にするレジスタントスターチ これは新しい食物繊維として考えられる素材です 「おにぎりダイエ …

健康
トクホ飲料の効果的な飲み方!注意:種類によって違います

トクホのお茶は、飲むタイミングを間違えてしまうと効果が期待できません スポンサードリンク &nbsp …

健康
歯周病に良い飲み物 ・悪い飲み方で予防が出来ます

普段口にしている飲み物、知らないで飲んでいると歯周病リスクを高めているかもしれません 知っていると予 …