NHK受信料の判決は合憲/NHKは報道機関の役割を果たせるのか?

ニュース
Pocket

 

NHK受信料は義務

家にテレビが、あれば受信料の支払いは義務なのか?
現段階では未払い世帯 9万世帯と、言われています。

 

今回の裁判では
NHKが契約を拒む男性に受信料の、支払いを求めた裁判が行われ、
NHKの受信料について初の判断を示しまし。

放送法 64条1項
受信設備を設置したものはNHKと受信についての契約をしなければならない

判決は
放送法64条1項は、NHKの目的にかなう適正公正な受信料を徴収のために必要な内容の受信契約締結を強制する定めとして 憲法に違反しない

最高裁はの判断は合憲としました。

 

スポンサードリンク



 

 

判決では
NHKが訴訟を起こし勝訴確定した時点で契約が成するとしました。
そして、支払い義務はテレビを設置した時点までさかのぼると言う主張が認められました。

男性にはテレビ設置の2006年3月からの受信料約21万円の支払いを男性に命じました。

 

現在受信料支払い率は、約8割で未払いは約9万世帯。(去年)

不払いが増えたのは2004年以降、NHK職員の不祥事が相次いだ頃です。

この後 NHKは裁判を起こすなどして徴収を強化して法的手段に出たようです。

受信料の、徴収に頼るのは政治的介入を避けるためでもあります。

なぜなら、運営資金に税金が投入されると自主性が損なわれ 、
NHKは報道機関の役割が果たせなく無くなることがあるからです。

 

かつてトップNHK会長(元)の発言に物議をかもしたことがありました。

2014年
「政府が右と言っているものを我々が左と言うわけにはいかない!」

 

スポンサードリンク



 

呆れた発言に驚かざるお得ませんでした。
NHKの報道に疑問と怒りさえ感じてしまいます。

 

今回
最高裁の判決が出た事で 、未契約世帯はNHKとの裁判に負けた場合は、

テレビ設置時点まで遡って請求の可能性があります。

今回の判決により、裁判を起こすことはあり得ないと思いますが・・・。

 

NHKの、コメント
NHKの、主張が、認められたと受け止めています
引き続き 公平負担の徹底に努めていきます。

今後はスマホやパソコンなど
ネット上でNHKを観ている人達の料金の徴収はどうなるのかが問いた出されています。

 

NHKの姿勢については、以前から色々と言われていましたが、合法に元づくと判断されたのなら、未払い者は支払わなければなりません。
ですが、NHK側の公明正大な立場での報道を期待します。

納得出来る内容の物を 数多く作って頂きたいとも思います。

 

スポンサードリンク



 

現在もNHKならではの良い作品も多々あります 。
そして、ネット経由での 受信料は今後どのような展開になるのでしょうか?
ネットを契約する際に その有無を問われる事があるのでしょうか?

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
40年ぶりに相続改正 配偶者居住権 妻がもらえる金額

    高齢夫婦の不安を解消するために40年ぶりに相続ルールが改正されました 配 …

ニュース
法律に基づく交通事故の対処方法 /県議が一万円を渡して事故処理?

    交通事故の当事者となった場合 事故処理がきちっとされていないと、犯罪行為 …

ニュース
殺人タックル日大アメフト部の反則!監督の悪質な指示?やり口? 

    アメリカでは殺人タックルとも言われる行為 反則をした選手は干されている状 …