キョンとるずに4億円!小池知事が発表した対策・タカドローン・モンスターウルフとは?

ニュース
Pocket

 

全国で野生動物の被害が相次いでいます。

キョンとるず 東京伊豆大島では 外来生物のキョンへの対策チームが結成されました。

(10月6日)

チーム名は キョンを捕るので「キョンとるず」

名前はシャレていますが 大真面目な一大プロジェクトです。

町民ら50人と追い込に用の雌犬「欄」1匹です。

今では増え続けてしまったキョンの数は島の人口の2倍近い 1万5000頭に及んでいます。

東京都はキョンの捕獲に4億円を投じています。

 

スポンサードリンク



農林水産省によりますと、野生動物による農業被害は全国で176億円に及び、

各地で様々な対策が取られています

「キョンとるず」もその一環になります。

大分市 高崎山では

野生ザルが周辺の果樹園での農業被害が相次いでいます。

野生サルは100匹・・・果樹園に現れたサルの手には 食べ頃のビワの実が握られていました。

大分市では、サル対策として導入したのが、

タカなどの猛禽類を模したドローン「タカドローン」です。

鋭い目でサルを威嚇し、群れに近づき凄まじい大きな音をたてる

その姿を見て、逃げ出すサルもいるということです。

 

大分市林業水産課では、

ドローン導入後は大きな被害は出ていないという事です。

山梨県・南アルプス市では、

シカなどにより野生動物により年間1500万円の農林被害があります。

苦慮したのが、暗くなってからシカなどを追い返す対策がおこなわれています。 

新兵器「モンスターウルフ」です。

暗闇の中に潜むモンスターは、非常に大きな動物の声を出し 近寄ってくる野生動物を追い払っています。

果樹園に設置されたのはオオカミ型ロボット

「スーパーモンスターウルフ」です。

 

センサーで動物の接近を察知し、真っ赤に光る目と大きな声をうならせ動物を威嚇します。

その効果は、

突然の大きな声に驚き逃げ出す熊や、物陰に隠れていたサルなどは、ロボットを何度も見返し、逃げて行く姿があるそうです。

「このモンスターウルフを設置してから

シカやイノシシの被害もなくなった とても効果があった」と喜びの声もあります。

このンスターウルフは、

オオカミの声 犬の遠吠え 銃声など48種類色々あります。

動物を威嚇し追い払うためのロボットだけでなく、

センサーで人を感知し、観光案内をするガイド役をしているところもあります。

野生動物を殺すのではなく、今までの場所に戻してあげる 

 

スポンサードリンク



増え続ける農作物被害と新かを続ける対抗策、野生動物との戦いはいつまで続くのでしょうか?

東京都が打ち出した「キョンとるず」果たして被害をなくすことができるのでしょうか?

町民ら50人と追い込に用の雌犬「欄」・・・

キョン対策に4億円投じていますが、どのような形おこなわれるのでしょうか?

被害がなくなることを祈ります。

 

朝飲む缶コーヒーが危険過ぎる?毒にも薬にもなるコーヒー

エナジードリンクが怖い!カフェイン中毒 副作用 栄養ドリンクとの違い

秘訣は7つ!100歳まで歩く!筋肉貯金!まとめ(林修今でしょ!)

長寿に繋がる体に良い食べ物 おすすめ「8品目」 本当に大切なものとは?

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
DAM平成カラオケランキング1~10位(人気の曲と歌手ランキング)

第一興商のDAMが平成6年から集計したデ-ターを元にランキングを発表しました。 以前は、レイザーディ …

ニュース
Tポイントカードの個人情報が危ない!令状無しに警察に提供

Tカードの個人情報が裁判所の礼状なしに警察に提供されていることが明らかになりました。個人の趣味嗜好な …

ニュース
中国のポイント制度で国民を監視!加点.減点ポイントとは・・

中国の街のあらゆるところに監視カメラが設置してあります 日本でも 渋谷のハロウィン事件では監視カメラ …