ニュース
Pocket

 

 

 

パラダイス文書とは、税金逃か?!

 

トランプ政権を揺るがす火種となるのか?

南国の楽園は、今、国際的スキャンダルに見舞われています。
今回問題になったのは、大西洋に浮かぶイギリス領のバミューダ諸島です。

バミューダは税のパラダイス!

 

パラダイス文書とは?

 

租税回避「タックスヘイブン」に設立された会社に関する流出文書のことです。
その数は 1340件!です。
ICIJ=国際調査報道ジャーナリスト連合が公表しました。
タックスヘイブン(租税回避)の利用することは法的には問題がありませんが、ICIJはトランプ政権の主要閣僚が、ロシアのプーチン大統領の側近企業から利益を得ていたことが分かり問題となっています。

 

 

スポンサードリンク




 

 

その人物とは、ウィルーバー・ロス商務長官です。

トランプ政権に激震

 

ロス商務長官とは?

大富豪の投資家 ウィルバー・ロス商務長官(79歳)
総資産2800億円
2000年代、鉄鋼業界で破綻が相次いだなか、買収・債権を繰り返し「再建王」と言われていました。

その後も不況にあえいでいる会社に投資をし、再建させ財産を増やしていきました。

トランプ大統領との絆

トランプ氏は、1990年カジノリゾートの経営に失敗し、巨額の借金地獄になりました。

その時、アドバイザーとしてロス氏を就任しトランプ氏は窮地を救われました。

ロス氏を商務長官に任命したのは、この時の恩義や手腕を認めていたからだと思われます。

ロス氏が商務長官就任の際に語っていたのが
「保有資産を公開し、職務と利益相反になりうる大半の資産を手放す」と宣誓していました。
実際に 就任前に手放すこともありました。

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

パラダイス文書で発覚したことは?

 

ロス長官と関係が深い開運会社(プーチン大統領の娘婿などが役員を務めるロシアのガス会社)との取引で、
2014年から3年間で6800万ドル 約78億円分の収入を得ていたこたがわかりました。
アメリカは、このロシアのガス会社の関係者と利益相反の恐れがあると指摘され経済制裁を行っています。

 

国際調査ジャーナリスト連合(ICIJ)
ロス商務長官は、タックスヘイブンに50以上の法人があります。
その中の法人が海運会社の株を持ち、ロシアの石油化学会社(シバー社)の輸送を手伝っていました。
この会社の大株主がアメリカの経済制裁対象の人物だったのです。
現在アメリカはシバー社との取引は行っていません。
シバー社は、海運会社から78億円収益がありました。
その一部がロス商務長官に流れている可能性があると考えられています。

 

パラダイス文書では
首脳クラス14人を含む47カ国

政治家や君主120人以上をの名前が出ています

 

 

 

スポンサードリンク



エリザベス女王
個人資産 約15億円
タックスヘイブンのファンドに投資されていました

カナダ トルドー首相の盟友
タックスヘイブンの信託会社で資産運用していた。そのいい部が脱税の可能性がある

 

日本で名前があがった企業と人物

 

丸紅・日本郵船・大阪ガス

鳥山明・鳩山由紀夫

 

タックスヘイブンには、法律的な問題はありませんが、そこを通じて色々な経済取引があると考えられます。
今後さらなる調査により明らかにされていくのでしょうか

 

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
タイヤチェーン義務化13区間はここだ!超簡単装着タイヤチェーンは?

(テレビ朝日モーニングショーより) 国庫省チェーンの義務化! 過去に大雪で車が立ち往生した13区域で …

ニュース
PayPay(ペイペイ)20%還元!メリットとデメリット危険性(20%還元)

宮川大輔さんイメージで PayPay TVCMで放送中! 今 話題のPayPayがとんでもないことに …

ニュース
防犯カメラを設置 渋谷クレイジーハロウィーンの逮捕の裏側

グッド!モーニングより 250台の膨大な防犯カメラの映像が犯人を特定した恐るべき警察の捜査劇 今年の …