バルミューダ炊飯器・辛口コメントと炊飯器の選び方

話題の商品
Pocket

 

話題の炊飯器

BARLMUDA the Gohan

 

ヒット商品です

発売当初は、デザイン性と蒸気で炊飯する、という炊飯革命ともいえる発想で注目されていました.
確かにスタイリッシュな形状は、今までの炊飯器にはないオシャレなものです。
また、3合炊きとコンパクトであることも生活形態に合っていると言えましょう。
最近はお米離れや小家族が増え 3合あれば十分足りる量であり、又、保温は殆どしないため、保温機能は削除し無駄を省いた設計になっていることも、高い支持の要因ではないでしょうか?

 

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

 

しかし、ここにきて BARLMUDA The Gohan を見直しする人が増えています

 

「理想のご飯とは違っていた!」

なぜなら、

今まで ご飯の甘み・粘りを重視していた人には、かなり物足りないという声があります。
従来の圧力をかけた粘り甘みにこだわった炊き方をしていた炊飯器とは、全く違うからです。
蒸気で蒸しあげた BARLMUDA The Gohan は粘りや甘みを出すことを控えた炊き方になります。
さらさらとした 硬めのご飯が好きな人向けと言えるでしょう。

実際、話題性、デザイン性で購入した方が、買い替えをしているのも事実です。

メーカーサイトでは、

透明感のある、抜けるような香 とご飯の美味しさを表現していますが、

甘み、粘りに関しては言っておりません。

カレーや卵かけごはん、どんぶりご飯に、比較的に合う食感となっていると思います。
美味しい・不味いは好みなので 正直 どのメーカーがベストなのかは難しい選択になります。

 

 

 

 

スポンサードリンク




 

BARLMUDA The Gohan 機能説明

製品寸法  幅 275mm 奥行251mm 高さ194mm
本体重量  40kg
電源    AC100V 50hz/60hz
消費電力  670W
炊飯モード 白米・白米早炊・玄米・炊込・おかゆ
炊飯容量  白米0.5~3合
玄米・炊込0.5~2合
おかゆ0.5~1合
炊飯時間  白米 53~68分/早炊32~39分
玄米75~104分 炊込53~68分
おかゆ51分~67分
タイマー  あり・時計式・前回の設定を記憶
保温機能  なし
カラー   ブラック・ホワイト

価格 41800円(Amazon)

BARLMUDA The Gohan は出来上がりのお米の質感だけでなく、蒸気炊飯のため 炊きあがり時間も 通常の炊飯器より時間がかかります。

白米の炊きあがり時間は 平均 45分前後

早炊で 平均 25分前後

(メーカーの機能に違いはあります・・・)

最近は、早炊をする人が増えていますので、少々物足りなさを感じることもあるようです。

 

ご飯は 炊きあがり、時間が大切です

 

炊飯器の選び方

 

メーカーの炊き方を熟視して、購入することをお勧めします

〇 圧力炊飯器

一般的には、甘み粘りのある やや柔らかめのご飯です
保温をしても 比較的に美味しく召し上がれるような炊き方になっています

〇 非圧力炊飯器

一粒・一粒が感じられるご飯の仕上がりになります

〇 メーカー独自の連続沸騰を実現させた三菱炊飯器は
お米に保水膜を付け 粘りのある一粒を感じられる仕上がりです
冷めても美味しいと言われるタイプです

 

 

 

 

スポンサードリンク



 

炊飯器の選び方は
炊き上がりの好み、用途(保温・冷蔵冷凍など)家族構成によって選ぶと良いでしょう。

ですが、最近の傾向は やはりデザイン性を重視する方も 少なくはないようです
それだけ、お米離れが進んでいるのでしょう。

 

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

話題の商品
オーダーメイド枕 価格・店舗「まくらぼ」理想の枕 購入後1年の感想・評価

  枕に悩む方 多いですね 気になりだすと、 高さも 硬さも 素材にも神経質になります。 …

話題の商品
SDカードの種類 何を買ってよいか分からない!使い方と容量・速度を考える

パソコン、カメラ、プリンター、テレビ、スマートフォンなどSDカードは あらゆるところで使われています …

話題の商品
象印炊飯器「炎舞炊き 」は美味しいの?特徴と感想 他社との比較

  象印圧力IH炊飯ジャー2018年7月下旬発売 象印は今までの南部鉄器釜の炊飯器から大き …